読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の嫁は鬼嫁?!旦那のブログ

看護師の妻との結婚生活を綴る旦那のブログ! 看護師である妻との結婚生活、子育て、看護師の裏話、ネタ話、面白話をご紹介します

職業が看護師なのでつい出てしまう言葉、恋も冷めてしまう?

f:id:nomu1521:20160305090538j:plain

こんにちは!妻が看護師をしている旦那ブログの大西です。

看護師の仕事は点滴をしたり、注射をしたり患者さんをお風呂に入れたり体を拭いたりと介護的な仕事もしています。

病気を治すの仕事で、患者さんに触れるのが必須の仕事だと言えます。そんな仕事をしているので、看護師さんならではの行動や言動をご紹介ます。

 

スポンサードリンク

?

無意識に旦那や彼、子供の血管を見てしまう

看護師の妻と付き合っているとき夏場に、私が半袖の服を着ていると、彼女の視線がちょくちょくと腕にくるのです。

「どうしたの?何か付いている?」と聞くと、彼女は「いや、何でもないんだけどちょっと血管が気になるの・・・」と言ってきました。

職場で毎日毎日、患者さんに注射や点滴をしているので、どんな血管だろう・・・針を刺しやすいかなぁ、この人の血管は刺しにくそう・・・など、色々と想像をするそうです。

旦那とか彼氏とか、親しい人だったらいいけど、初対面の人やあまり面識のない人に対して、じろじろと腕などを見ると「俺に気があるの?」など、勘違いされるかもね。

何気ない言葉に落とし穴が・・・

患者さんを着替えさせたり、お風呂に入れたりして介護的な仕事をしているので、自然と着替えをしている話をしたり、排泄物の話をしたり、普通では考えられない言葉が次々と出てしまうことがあります。

私の妻も結婚をした当時、二人で夕食をしていて、仕事の話になったときに浣腸や排泄物の話などを普通に話してきたのです。

「え!ご飯と食べているのに・・・」と思いながら不快感を抱いたものです。

今は、結婚10年以上経っているので、そういう話も慣れてきましたが・・・まぁ、日常的な仕事がそういった仕事なので仕方ないのかなぁって思いますね。

よく、妻に言っているのは「くれぐれも初対面やあまり親しい人には言わないこと」と言い聞かせています(笑)

 

看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】 看護師派遣

 

除菌や衛生管理には非常にこだわる

f:id:nomu1521:20160305090600j:plain

冬場、インフルエンザが大流行しているときは、玄関に入るなり「上着はしっかりと叩いて!」、家でもマスクは着用、手洗いうがいは1時間おきなど、特に衛生管理に厳しいです。

子供にも非常に厳しく、少しでも鼻を触っていると「手を洗ってきなさい!」「トイレから出てくると石鹸で手を洗いなさい」子供も私もうんざりすることがあります。

妻は職業柄、病気の怖さを知っているから、除菌や衛生管理に特にこだわるのは分かるのですが・・・「厳しすぎない??」と思うことがありますね。

もちろん、テーブルはアルコール除菌、ふきんは毎日除菌、マスクは大量に買い込んでいます。家族だから許せるけど、彼氏の前で除菌や衛生管理の本音を出すのは止めといた方が良いのかと・・・厳しくするは、結婚をしてからでもいいのでは??(笑)

家の普段着は1着のみ

とにかく、仕事場の病院では時間に追われて時にはサービス残業をしなくてはならない日だってある、忙しい毎日。

家に帰るとヘトヘトで、お風呂に入ってすぐにでもベッドで横になりたい衝動にかられる毎日。そんな、忙しい毎日を送っているので、家に帰るとラフなトレーナー1着でパジャマなったり、家にいるときの普段着になったりと、着替えるのが面倒になってくるのです。

髪の毛もボサボサで、化粧もろくにしない、とにかく家では体を休めたい・・そんな看護師さんは多いと思います。

私も嫁も独身時代は、家に帰ると何もしたくないので、ラフな格好でゴロゴロしておしゃれの「お」の字も出てこなかったそうです。(今でもかなぁ・・・(笑))

彼氏の前では、ちょっと頑張って普通におしゃれをしてみては?看護師の仕事の大変さをあまり知らない彼氏だったら嫌がれるかも知れません。

最後に

f:id:nomu1521:20160305090608j:plain

看護師の仕事は時間に追われ、体力勝負な職場もあるし、職業柄色々な体の箇所を見てしまうのも仕方ないでしょう。

普通の職業の人には、すごく刺激的な特殊な職業で理解を求めたほうが良いですね。

ちょっとした言動で、100年の恋も冷めてしまうことになってしまうかも知れませんが、一種の職業病と言う考えで大目に見てもらうように理解を求めましょう。

やっぱり、大変な職業の看護師の仕事の中身をしっかりと彼氏や旦那に理解をしてもらって、柔和な関係を築いていきましょう。

 

スポンサードリンク

?

看護の仕事