読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の嫁は鬼嫁?!旦那のブログ

看護師の妻との結婚生活を綴る旦那のブログ! 看護師である妻との結婚生活、子育て、看護師の裏話、ネタ話、面白話をご紹介します

看護師の転職は慎重に!後悔するポイントを紹介

f:id:nomu1521:20160828140533j:plain

転職をする理由は様々な要因が重なり合って発生します。看護師の嫁も、看護師として働き出して4回ほど転職をして、今現在の職場は今年で5年目を迎えています。

現在の職場を辞めて転職を決意するときは、それ相当の不安を感じるし、次の職場で上手くやっていけるかなぁ・・・と心配になってくるでしょう。

人間関係でこじれたらどうしよう、自分に合う職種だろうか?などです。

実際に、現在でも付き合いのある嫁の看護師仲間で、何度も転職している人がいますが、やっぱり一番重要なことは人間関係だと言うことを言ってましたね。

それは、私も感じるし嫁も一番感じているでしょう。看護師の嫁が4回転職をして、後悔したなぁ・・・って思うポイントをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

?

募集要項の内容が実際と違う

f:id:nomu1521:20160828140647j:plain

よく新聞広告や職業安定所の求人票を見てみると「時給1600円以上」「勤務時間は相談に応じる」「交通費支給」などと書かれています。

でも実際ところは違ってくる病院やクリニックが多いのが実情なのです。

例えば、「時給1600円以上」と書いている新聞広告で、よくよく話を聞いてみると「正看護師のみで時間は夕方勤務」と言う条件が追加されていたりします。

また、「勤務時間は相談に応じる」と書いてあるに、スタッフの都合でローテーションを組んでいるなど、色々な病院側の都合で無理やり変更させられたりとするケースも実際にあるのです。

「交通費支給」も月上限3万円までなど、新聞広告や求人票だけの条件で面接に受けに行くと、条件が違う!!となってしまうのです。

実際に嫁が経験した話では、求人広告で自分に合う条件が全て備わっていて、意気揚々と面接に行きました。

働く条件が求人広告は採血や心電図など健康診断を仕事を主にしてもらうとなってましたけど、実際のところは病室の管理で、患者さんをお風呂に入れたり、食事の世話をしたりと結局は看護助手さんがしているような仕事をメインとしていたのです。

これには、嫁は愕然として面接に行った病院には行きませんでした。

求人広告は、書くスペースが限られていて、抜粋して記載されているので、実際の本当の条件は面接などでしっかりと聞くことが重要になってきます。

人間関係がギスギスしている

病院も人が全てを動かしています。医師、看護師、看護助手、受付など様々な部署の人が一つとなって一つの病院を動かしているのです。

その中で、いかに上手く人間関係を深めていくのか、これが仕事をスムーズにすることの絶対条件と言っても過言ではありません。

自分がこうしてほしいと頼んでも、適当な事を言われて拒否されたり、無理やり職場のローテーションを組まれたりして、自由が利かなくなったりします。

そうなるとストレスも溜まり、勤めている病院に対して不安になったりするのです。

こう言った経験は女性に多く、嫁もかなり先輩看護師の人たちに色々な事をされて、涙を流したりしていたそうです。

いくら求人広告で、仲が良さそうな集合写真を掲載しているのを見ても、裏を返せば人間の心理的なものは写真からは読み取れないのです。

なので仲良くしている集合写真を見ても「楽しそうな職場」と鵜呑みにしない方が良いです。人間関係だけは、数分の面接時間で読み取れることはまず不可能で、やはり病院に就職してからではないとハッキリとしません。

 

看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】 看護師派遣

 

仕事の内容が突然変わる

嫁が求人広告に「外来」と書かれてあったので、面接に行くと「今は病棟の方が人がいなくて、病棟勤務でお願いします。病棟勤務の人数が揃い次第、外来への異動を考えます」と言う病院側の変更でした。

話が違う!!と嫁がキレて結局はその病院が行きませんでした。

しかし、このケースは就職する前に事前に分かっていたことなので良い方です。

最悪ケースは、就職する前は「外来」勤務で話を進め、いざ就職してみれば何だかんだ言い訳を作って病棟勤務へ導くケースもあるのです。

また、日勤希望なのに突然「人がいないから~」と夜勤を言われたりすることもあります。とにかく、面接の時に良く話を聞きましょう。

希望している部署以外に異動する可能性があるのか?勤務時間はキッチリと時間通りに終わるのか?など、面接の時にしっかりと聞いておきましょう。

もし、こちらが質問した事に対してあやふやな返事しかしてこなかっら、その病院への転職は辞めた方がいいかも知れません。

まとめ

f:id:nomu1521:20160828140910j:plain

一度就職した病院で、定年や人生の区切りまでしっかりと勤めあげるのが理想的です。
しかし、一度歯車が狂い始めれば、どうにもならない状況になってしまい、退職と言う事態になってしまいます。

そうなると次に考えるのは、次の職場を探す転職です。

「絶対に同じ失敗をしないとぞ!」と心に誓っても、やはり人間が全てなので、感情や人の配置なのでとんでもないことが起こる可能性が常にあると言うことです。

とにかく転職を後悔しないためには

  • 面接の時にしっかりと自分の希望を言う
  • 質問に対してあやふやな返答だったら、疑いの目で面接する
  • 求人広告がいつ見ても同じ病院が常に募集をしていたら、何かある(人間関係、医師の対応など)と思う

以上の3点を気に掛けておいて、転職を考えていきましょう。

 

スポンサードリンク

?

看護の仕事